ピアノは身体のどこで弾く!?

タッチポイントとは、ピアノの鍵盤と指が触れるポイント。

 ピアノは鍵盤を押すと

その先端が内部のハンマーに作用し、ピアノ線(弦)を打って音が鳴る… 

細やかな構造とのやり取りに、指の繊細なコントロールが必要なので、べったりと伸ばした指、関節が固まった状態では「よく響く音」を生み出すのは難しいのです。

 

そのために「タッチポイント」の習得、手のひら、腕、身体全体の関節や筋肉の付き方を知ることも大事です。子どもでも、そういう関節があると教えてあげると…逆に子どもの方が、それを意識してコントロールしようと試みます。